人気ブログランキング |

捨てられた猫たちにしあわせを!みんな元気で!   日本捨猫防止会東久留米・西東京  


by tiikineko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

CAPIN総会に参加して

2019.6.1Capinの総会に出席して

特定非営利活動法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワーク・CAPIN 第9回定期総会に参加しました。会場はつくば市二の宮交流センター。

会場で10枚ひと綴りの総会報告書が渡され、これに沿って会議が進められました。報告書には、

1.2018年度事業報告書(全6ページ)

2.2018年度事業報告書(全4ページ)

. 2019年度事業計画案の報告

4.2019年度予算案の報告

5.理事

これらの報告があり、これを承認して総会を終えました。なお、会員数は480名。

Capinの活動について

茨城県では1979年に「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」を定め、そして2016年に「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」を定めてある。

ところが、2019年1月に鶴田理事から茨城県が犬の殺処分をしている、の知らせが入った。これは大変、それを私のブログに載せた。

茨城県動物指導センター県条例違反、そこは地獄だ!

https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12432168118.html

だが、これからが大変、県は殺処分を止めたわけではない、収容される犬は相変わらずで、殺処分が続いた。鶴田さんは犬が収容されたと聞くと直ぐに譲渡願いを出し、犬を引き出す、これを続けた。

キャピンは週に約4頭、201812月末から6月までに90頭前後の犬を収容し、鶴田経由で、動物愛護の人たちの協力があって、運びだしをした。収容された犬を助けたい、この一念。そして費用が大変。

費用が大変は分かりきったこと、市民活動をしていると、どこも、ここもカンパ、カンパが世の常。

大変ですがCAPINにカンパをお願いします。   CAPINホームページ  http://www.capinew.jp/

集会のあと『動物虐待と法律 弁護士坂本博之』が配布され、坂本さんの講演がありました。

『動物虐待と法律』 これは貴重な資料です。


猫と友達 地域猫  川井登志子        2019.6.5


# by tiikineko | 2019-06-07 15:46 | 殺処分・動物行政の転換を!

虐待のない社会を!動物愛護を広げよう!

東久留米市のセミナー、配布資料「ノラ猫を巡る地域トラブルを解決するために」を読んで。

この日、配布された資料を読むと、野良猫はあるが動物愛護の言葉がない。これは問題だ。

資料は「A4、裏表」25枚の大作だが読み終わったとき、そこには動物愛護の気持ち、精神が全くなかった。

目を引いたのは、「人と動物の共生する社会の「社会」は「人間社会のこと」社会=人間社会とある、

更に、あたりまえだが、法律は「動物の社会」について書いているのではない、とある。

この資料に、不遜な、傲慢な思いがこめられている。この講師は多分、問題だとは思ってないのであろう。

地球上には人間以外数多くの生き物が住んでいる、言葉を換えて言えば人間は生き物の中の一種類、とすれば、他の生物をも一緒に考えなければならないのではないか。人以外の動物にも社会はある。

地球上の生き物として考えるなら人と人以外の動物が、どううまく住んでいくかが問われているはず。

人は、犬や猫を身近に置いて生きてきた。ひとに馴れるように生きてきた歴史がある。それが今、野良猫という侮蔑の言葉で呼んでいる。この資料にも、野良猫としてあげている。数十年前都会の家猫は出入り自由、野良猫はいなかった。

動物愛護とか愛護動物とかの言葉は、人間社会での人間が使う言葉だが、これには人間社会からの不遜な、傲慢な思いがある。昔、仏教伝来の時、仏具を鼠から守るために猫を連れてきたという、以後、鼠の害を防いできて、今もそれは変らない。

地球上での人間を考えたとき、社会=人間社会は強者の論理である。それは、他の生き物は人間の付属物として生きてきたヤツら、となる。

人が、身近にいる動物たちと一緒にいて、子供たちがその中で育っていけば、人と動物は同じ世界の中で生きている、人と人以外の動物の区別はない。そこには強者の論理はない。

新聞記事の中で気が付くと虐待の事件が多発している。どれも強者が弱者に対しての危害だ。201921日から26日までの記事にこう出ていた。

そして、27日「児童虐待疑い8万人超」の記事が出た。更に、「国連、虐待で対日勧告」の記事が出た。虐待日本だ、大変なことだ。愛護動物の虐待は強者が弱者に力を加えることなのだ、日本で、人間社会にそれが拡大している。

チラシにある「野良猫対策セミナー」には愛護がない、ダメだ。特に子供に若い人たちに見せられない。

子供のときから生き物たちと一緒の生活をしていれば、動物たちは、みんな仲間だ。豊かな心を育てよう!

東京記事、見出し記事。

 

東京新聞記事、2019.2.8「国連虐待で対日勧告」



こんなことで、良いはずはない。


     


# by tiikineko | 2019-02-09 16:59 | 殺処分・動物行政の転換を!

猫の家出、

もう、5年になるかな? 7,8年前かな?
捨猫を捕まえたが馴れないでいる、誰か預かって!の悲鳴があがって、当時元気だってのでその声に応じて手をあげた。

家に連れてきた。だが、家の中で餌は食べるが手を触れさせない。そんな猫の名前を「殿」とつけた。
「との」と呼ぶとこちらを見るが、すぐ向こうへ行ってしまう。家の中でずッとノラ猫をやっている。

我が家には猫が8匹いた、みんなノラの猫だ。ある夜、1匹の猫が戸をあけて家出し、4匹が一緒に逃げたが3匹は帰って来た。1匹の猫が帰ってこない、「殿」だ。そのご、「殿」は毎日顔を見せる、餌を外に出すと遠くに避難して、戸を締めると戻って餌を食べる。

完全に「殿」の態度だ。だがこの頃は「との」と呼ぶと「ニャオウ」と返事する。可愛いね!

こんなバカバカしい話し、ここ以外では話ができない。みなさんおつき合い、ありがとう。





# by tiikineko | 2018-12-29 16:20 | 捨猫ちゃん
新聞記事に、保護された犬を飼うことにした。沢山の中から1匹を選ぶのが辛くて嫌だってけれど、飼うことにした。いま、一匹の命を救うことが出来て良かった、とありました。

ペットショップで買ってこなくてよかったね。


f0157395_12123661.jpg







# by tiikineko | 2018-07-12 12:15 | 殺処分・動物行政の転換を!
みなさん  御無沙汰しています。みなさんにお願いの発信です。

私たちは福島原発が爆発してから、被災地の犬猫の救援をしてきました。いつも鶴田まこみさんと一緒でした。
https://tiikineko.exblog.jp/15968230/
https://tiikineko.exblog.jp/15978702/

その鶴田さんが茨城県つくばで犬猫救援活動をしています。CAPINでの活動です。

猫と友達・地域猫は今もCAPINの活動を応援しています。

みなさんも CAPIN の応援をしてください。

犬たちを、殺させない!安全な家と走り回る自由を【コンテナハウスとドッグラン】 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー) さんから

よろしくお願いします。


f0157395_14335738.jpg




# by tiikineko | 2018-04-22 14:35 | 助けて!
衆議院第一議員会館、3月23日午後2時~6時
   
動物の命をすくいたい人、
意見を聞き、意見を言おう。


f0157395_10064142.jpg
 
     
f0157395_09523172.jpg






# by tiikineko | 2018-03-12 10:15 | 殺処分・動物行政の転換を!

大雪の中の餌やり

東京で大雪の予報、これは地域猫の餌やりも大変。今日のお当番はお年寄り、こんなに降っていて大変だから今日はやめて下さい、そう電話してしばらくしたら、自分が支度して出かけていった。おんなじ年寄りなのに!

朝、やはり大雪だった。玄関から外の雪景色の写真を撮っていたら、猫の足跡があった、殿だ、こんな雪のなかに来て、帰っていったのだ。外に出しておいた餌を見ると、凍っていてたべられる状態ではない。昨日の夕方には降っている中をやってきて、餌をたべて帰っていったが。どこをねぐらにしているのか、分からない。



朝、雪かきした後で庭に廻って見たら、庭にも殿の足跡があった。




新しいのと古い足跡、何度か来たのであろう、でも仕方ない、ノラが好きでノラをやっているのだから。なあ、殿!





あ!目白に餌をやっている、
“野鳥に餌をやってはいけません”

“でも、良いの! たべるものがないんだから”



日の光に照らされ、枝に積もった雪がツーと落ち、枝が揺れた。










# by tiikineko | 2018-01-23 12:08 | 捨猫ちゃん