人気ブログランキング |

捨てられた猫たちにしあわせを!みんな元気で!   日本捨猫防止会東久留米・西東京  


by tiikineko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

捨猫だったコナミちゃんが死にました

三日前に、「コナミちゃんが具合悪いの」、という電話がありました。

 昔、汚いノラねこが団地のグランドのマイケル君の餌を、横から割り込んで食べていました。鼻水と涎を右左、6本も垂らして食べていました。痩せた子猫でした。急いで動物病院に連れて行き検査をすると、蚤にやられて極度の貧血でした。ノミ取りをして、ワクチンを打ち、避妊手術をして、元の場所に戻しました。そのごマイケルの餌を余分に持っていき、汚いコナミちゃんにも食べさせました。

 いつの頃か、そんな場所に若い小母ちゃんが、ぷかりぷかりタバコをふかしながら、マイケルとコナミちゃんが食べているのをそばで見ていました。「ねえ!この子飼ってくれない?」、「ううん!そうね。」と生返事です。「しょうがないよね、こんな汚い猫じゃ、」 「ううん、そうだね。でも、うん、連れて行くか?」「え!  ありがとう。」

 そんなことから、コナミちゃんはこの若い小母ちゃんに飼ってもらえるようになりました。しかしコナミちゃんは小さいときの苦労のためか、病気がちで、何回も動物病院に行っていました。


 その若い小母ちゃんからの電話で、涙声で、「なんか、苦しそうなの! どうしたら良いの?」。翌日、出勤前の彼女の家に行き、寝ている猫をみました。もう猫の数値が低く、生きているのがやっと、とのことでした。

 次の日の夜電話がありました。「コナミちゃん死んじゃったの」電話の向こうで泣いています。声を上げて泣いていました。「##さん。どうもありがとう。ノラ猫だった猫を家猫で育ててくれて、どんなに喜んでいるか、どうもありがとう。」、何回も何回も言いました。

 その夜、コナミちゃんの所に行きました。死んでしまったのですが、もう昔の汚い野良猫ではなく、綺麗な綺麗なコナミちゃんになっていました。コナミちゃんさようなら。


 
by tiikineko | 2009-02-10 15:29 | 捨猫ちゃん