人気ブログランキング |

捨てられた猫たちにしあわせを!みんな元気で!   日本捨猫防止会東久留米・西東京  


by tiikineko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

● 10月25日、西東京市あらやしきで会員のみなさんのご協力により、青空の下、バザーを開きました。おかげさまで金6万円余の収益がありました。
ノラ君に代わり、感謝申し上げます。


● 10月26日、私の住宅街にある地域猫の餌場で、このごろ、割り込んできて大騒ぎをするオス猫を 捕獲しました。 すぐに動物病院に運び、明日には元の場所に放せます。
捕まえたときに、ケージの中にいた猫に、ごめんね、といって謝りました。猫は、うんという顔をして いました。


f0157395_1233329.jpg

  かりんの樹にぶら下げた鉢植, 花が咲きました。 2014.10.27

by tiikineko | 2014-10-27 12:38 | 捨猫ちゃん
集会・福島原発告訴団、「東電の責任を問う」
“これだけの事故を起こした東電、責任があるはずだ”

2014.9.30、福島原発告訴団、「東電の責任を問う」として参議院議員会館で院内集会

 会場には全国から三百人余の人たちが集まり、福島県から3台のバスが到着して会が開かれた。
その中で、告訴・告発代理人が最高検察庁に上申書を提出した。

         上申書はブログ:http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/ に!

 裁判そして検察審査会までの経過。
2012.6月;福島原発告訴団ら市民が東電、原子力安全委員会、42人を告発。
2013.9月;東京地検、不起訴。
2013.10月;告訴団は不起訴を不服として東電幹部6人を対象として検察審査会に審査申し立て。
2014.7.31日;検察審査会、東電元幹部3人に「起訴相当」として議決。

検察審査会とは

地方裁判所の所在地に置かれ,審査員はその区域の有権者の中から抽籤で選出される。11 人の検察審査員からなり任期は 6 か月。この審査には東京都民が関わった。そして「起訴相当」として議決した。

f0157395_1257383.jpg

               内部被爆、皮膚に斑点が出た牛たち



             
f0157395_12533380.jpg

                東京地検前で、「東京地検の起訴」を訴える参加者


福島を支えよう!
東京地検の起訴」とは何か?
 福島原発被災者たちは東電幹部を告発した、だが、裁判で不起訴になった。被災者たちはこんなことはあり得ないと、検察審査会に審査を申し立て、これが通った。裁判しなさいという原発被災者の声を認めた。
 福島原発事故は今世紀最大の事故、それならば東京地検が強制捜査をして東京地検が起訴、裁判にかけるべき。いま、これを訴えている。

東京地検にハガキを送ってください。たとえば、
 「検察の手で裁判を起こしてください。」
 「強制捜査をして、被疑者4人を起訴してください。」
 「今世紀最大の事件、検察庁の捜査が必要です。」 


あて先
  東京都千代田区霞が関1-1-1
   東京都地方検察庁 福島原発告訴団の告訴告発事件 担当検事 様



福島原発告訴団; 〶 963-4316 田村市舟引町芦沢字小倉140-1         メール:1fkokuso@gmail.com  電話:080-5739-7279         ブログ:http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/ カンパ:郵便振替口座 02260-9-118751  福島原発告訴団


全ての原発即刻停止廃炉 東久留米 川井 満  14.10.3
by tiikineko | 2014-10-12 12:57 | 殺処分・動物行政の転換を!
 原発被災地・小高地区に猫の餌を届けてきました。

 “みなさんどうもありがとうございます。 ”猫おばさんがすごく喜んでいました。

 11日朝、7時に猫の餌を積んで出発しました。常磐道・6号線が通れるようになったので、そこに向かいました。途中、運転士・健くんが“荷物を積みすぎた、ちょっと不安”というので、筑波の鶴田さんのところで少し荷物を下ろすことにしました。鶴田さんは福島救援拠点の一つです。
 筑波で荷物を下ろし、被災地南相馬へと向かいましたが、渋滞に巻き込まれました。渋滞は福島との県境まで続き、観光のお客さんが繋がっていました。

 ここから写真の説明です。2011年4月9・10日に初めて動物救援でこの地に入りました。常磐線はこのとき止まっていました。今も止まったままです。
 駅舎も駐輪場もそして駐輪上の自転車がそのまま置かれ、時間も停止しているようにみえました
f0157395_1275058.jpg
f0157395_1285033.jpg

f0157395_121128.jpg


駅舎の脇に花を植え、手入れをしている人がいるということです。 コスモス、寂びしげです。
f0157395_1212839.jpg

f0157395_12124466.jpg

元気そうな猫おばさん。“何かあったら電話をください”といって帰りました
f0157395_12131758.jpg

猫の糞とハクビシンの糞。硬くなったら掃除をします。 
f0157395_12135151.jpg

帰りも常磐道を通りました。昔は田んぼだったのでしょう。ススキとせいだかアワダチソウが埋め尽くしています。「核」と「生き物」はあいいれません。核を断ち切らなければなりません。全の原発即刻停止、です。
f0157395_1214633.jpg


22011・4・9,10の記録は以下にあります。そしてその後の福島救援も「猫と友達地域猫」に記載してあります。ご覧ください。
福島・南相馬     http://tiikineko.exblog.jp/15796487/
南相馬の生き物たち  http://tiikineko.exblog.jp/15796625/

今回も大勢の方達からの支援を頂ました。感謝申し上げます。       川井登志子
by tiikineko | 2014-10-12 12:14 | 捨猫ちゃん