人気ブログランキング |

捨てられた猫たちにしあわせを!みんな元気で!   日本捨猫防止会東久留米・西東京  


by tiikineko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 少し前から、再び、東京都住宅供給公社敷地内のノラ君の捕獲依頼がきていました。前回、4月に13匹を捕獲して手術を済ませてそこに放ちました。前々回もTNRを実施したので、今回は3回あるいは4回目になります。

東京都はノラ猫を地域猫活動として推進していることを知り、それならば東京都がノラを捕獲して手術をすべきではないか、と調べてみると、東京都は予算を出して、関係地区市町村の仕事をさせる、いわば「東京都の地区町村への猫マル投げ」であることを知りました。

この東京都住宅供給公社のノラ君は私の住んでいる市ではなく隣の市で、ノラ君の地域猫として活動するにはこの市に申請して認可を受けなくてはならず、申請すればノラ君の手術代を補助する、ただし手術する獣医は市指定の獣医であること。それをその市に電話で確認しました。更に、地域猫活動は地域の周辺住民の了解を得ることが必要、なのです。

私たちは「ノラ猫ボランティア」です。猫の捕獲、獣医師への搬送、餌の確保、活動費の捻出、ノラ猫の情報取得と活動は専門作業、多岐に渡っているのです。そしてなにより、私たちは生き物を扱っているのです。猫の生命、健康を第一に考えているのです。
地域猫活動にとって「地域の周辺住民の了解を得ること」の仕事は大事な仕事です、が、それは私たちにはできません。もう手一杯。「ノラ猫ボランティア」の仕事の範囲外です。住民の了解を得る地域猫活動は行政が主になって行うべきものと考えています。

今回も私たちは、夜7時半に現場に行き、7台の捕獲器をセットしました、そして2時間半、捕獲器を見守って6匹を捕まえました。調べてみると耳カットの猫(手術した猫は耳の先端をVカットします)が1匹と、家出猫が1匹、そして新しい猫4匹、4匹の猫は黒猫で成猫2匹、子猫2匹でした。

翌日、獣医師さんへの連絡です。獣医師さんによって手術ができる猫の大きさが違います。
幸い、埼玉SSB会付属動物診療所で手術をしてもらえることが決まりました。捕獲器の猫4匹を車で運び、無事手術を終え、夜遅く帰りました。

猫それぞれ、性格が違います。餌を食べようとはしない猫、人懐こい猫。それぞれです。
翌日、ケージに入れた猫を東京都住宅供給公社に運び、一つづつケージを開けました。脱兎のごとく右左に走っていく猫、しばらく様子が分からないのか、空を見ていて、気がついて走り出した猫。 

君たちみんな元気でね!!!
f0157395_19294665.jpg

f0157395_19301880.jpg

f0157395_19305022.jpg

by tiikineko | 2015-07-26 19:32 | 捨猫ちゃん
私の近くに、自分の敷地でノラ猫に餌やりをしている人がいます。散歩にはノラを連れて出かけるといいます。勝手・地域猫ということになりますか。

少し前、7月4日に、その勝手・地域猫の餌場に、見かけない猫が来たという電話がありました。
行って見ると、長毛で人馴れしているが、見るからにノラで、長毛と一緒に枯れ葉が絡み合っているという状況、風体でした。ノラならば何はともあれ不妊手術をしなければなりません。勝手・地域猫の主人に了解をもらって、直ぐにアイサンに獣医士さんへの搬送をお願いしました。
 しばらくして獣医士さんから電話があり、この猫にはマイクロチップが入っていて、野良ではないから不妊手術はできませんということでした。直ぐにマイクロチップの番号を聞き、日本獣医師会に電話をしました、が、しかし電話が繋がりませ、あ、今日は土曜日だ・・・・・
その後で、田無警察署と東京都、動物愛護センターに電話をして、家出猫の届出を聞きました。

 二日後の7月6日、日本獣医師会に電話をして、この番号は杉並区の猫で、その後、友人に譲ったと云い、譲られた彼は外国人で帰国するとき誰かに譲ったと、真偽不明の話が続きました。こちらはその猫の幸せを願っている動物ボランティアで、やっと、そのナンバーの某さんからボランティア団体への名義変更ができる、名義変更OKを得ました。

 この猫はペルシャ猫で猫を買った時に動物販売店がマイクロチップを入れて売ったのでしょう。この後で、捨てたのなら、犯罪であり、100万円の罰金です。

 動物愛護法に罰則規定があるのなら、マイクロチップが入ったノラの猫は、やはり、警察で収容し、ノラになった経緯を警察で調べなければならないのではないか?を思いました。が、今はこの猫のことが大事、獣医士さんに猫を運び手術のお願いをしました。

 ノラのペルシャ猫は不妊手術を終えました。絡まった毛を刈り取り、そして、耳の穴に巣くっていたダニの退治をしました。3ヶ月もすると毛が出揃い、元の立派なペルシャ猫になるでしょう。その時に里親さん探しをしなければなりません。
猫の手術代、マイクロチップの手数料は、里親さんが決まったときに里親さんに負担してもらう積もりでいます。
f0157395_8392297.jpg

 
先の「川に落ちた猫救出」と、この「マイクロチップが入ったノラ君」が同時進行で重なり合い、疲労蓄積の週となりました。まずはご報告まで。
by tiikineko | 2015-07-15 08:40 | 捨猫ちゃん
川に落ちた猫.

川に落ちた猫を救い上げ、動物病院に連れて行って栄養剤を注射して元気にさせ、7月6日に元の場所に放しました。

ところが、昨日7月11日、交通事故で死にました。

路上の猫を発見した人が警察に連絡し、警察がその猫を収容、動物のお墓に埋葬した、ということでした。

今日、13日、友人から電話連絡がありました。

可哀相なことをしました。でも、みなさんがいろいろと手を尽くしてくれました。

みなさんに感謝します。
f0157395_1055399.jpg

by tiikineko | 2015-07-14 10:57 | 捨猫ちゃん

戦争反対です。

 今、戦争反対の言葉が町に溢れています。突然ですが、私たちにとっても戦争反対なのです。それの意志表示は、今、一番大事だと思っています。
 七十年前の戦争の時代を私たちは生きていました。生と死が隣り合わせで、直ぐそこにある、という世の中でした。、私たちの戦争反対はそのためです。

 今、国会で戦争についての議論をしていますが、嘘、ごまかしが真実を隠しています。法案が通ればそのあと、何が現れるか?国民圧迫の法案が次々とでて来るでしょう。そして、生と死が隣り合わせの、恐怖の世界が現れます。私たちは戦争法案に反対します。
 ここに、川井 満・反戦のチラシを下のブログに掲げました。
http://sensai.exblog.jp/  ご覧ください。

f0157395_1227494.jpg

by tiikineko | 2015-07-11 12:20
 6月28日、西東京市の友人から「オス・黒猫」の捕獲をしたいので捕獲器を貸してください、と電話があり、捕獲器を届けました。
 その日、再び電話があり、川に黒白の猫がいる、川は水の流れが少なく、川底に草が生えていて、猫はそこにいるとのことでした。
  6月29日、(晴れ) 川にいる猫にカリカリを投げたら、たべたといいいます。
  6月30日、(曇り) 友人が近所の人に頼んで捕獲器を設置しようとしましたが落としていまい捕獲器を損傷したという電話がありました。 
 猫が落ちた川は、水の流れが少なく、川底に草が生えている、川にはコンクリートの護岸があって猫が自力で上がることはできないということでした。愛さんに電話をして、翌日、川に行くことにしました。
  7月1日、(雨)  東京は梅雨というのに毎日晴れていました。それがこの日、朝から雨が降り、時折り強く降っていました。
朝早く、愛さんの車に捕獲器を乗せて出かけました。川は横幅凡そ10m、川岸は高さ6~7mのコンクリートの護岸が両側にあり、壁にU字の鉄筋が一列に埋め込まれ、昇降用階段がつけられていました。愛さんがそこから降りて、川底に捕獲器を仕掛けました。

f0157395_1593218.jpg

 作業が終わり、車に戻ると、愛さんの携帯に亭主からの留守電が入っていました。「雨が降っている川に降りてはいけない、上流で大雨が降れば、あっという間に流されるぞ。」と、昔立山に行き、山小屋の主人から、「谷川を渡るとき水流がなくても早く渉らなけれいけない、この前も流された・・・・」これを聞いていたのです。
  7月2日、“猫、捕獲器に入った”の電話があり、直ぐに愛さんに連絡し車に乗って出かけました。車には上下汚い作業着に着替えた亭主も乗っています。
 西東京市の友人のところに行くと友人が、捕獲器は友達が川から引き上げてくれたと言い、猫の入った捕獲器がそこに置いてありました。「ドカタ仕事は経験が物を言う」といって、汚い作業着に着替えてきた亭主の出番はなくなっていました。
f0157395_18221340.jpg

 猫をその車で獣医師さんに連れて行きました。猫はガリガリに痩せていて背中がゴツゴツして、直ぐそこで栄養剤を点滴し、数日間は獣医師さんが様子を見ます、ということで動物病院に置いてきました。
  7月3日、朝から雨が降っています。 良かったね、君、助けてもらって、と独りつぶやきました。

f0157395_15162280.jpg

  7月4日 (雨) 病院に連れて行った猫は体調回復して、手を出すとフアーと、声をあげるといいます。

 愛さん、どうもありがとう。








 
by tiikineko | 2015-07-03 15:05 | 捨猫ちゃん